■認証マーク管理規程 2006/11/29

1. 適用の範囲
 この文書は、認証マニュアル10項に基づき、本協議会の名称及び認証マークに関して、認証業者が遵守すべき事項を規定する。

2. 用語の定義
 この文書で用いる用語の定義は「認証マニュアル」による。

3. 認証マークの様式
 認証マニュアル10.1項でいう認証マークは、別紙「認証マーク」のとおりとする。

4. 認証マークの使用方法
4.1 購入方法
 認証業者は認証マークのラベルを本協議会から購入するか、又は、版権を購入する。
4.2 表示条件
 認証業者は認証マークを認証基準に基づいて適切に管理された製品のみに表示すること。この管理から逸脱した製品は認証マークを表示して販売してはならない。
 また、理由の如何にかかわらず、本協議会から使用中止の通知があった場合は、直ちに表示を中止すること。
  注:認証マークを表示しない製品の販売を規制するものではない。
4.3 表示方法
 a) 認証マークは、最小販売単位の容器・包装等に表示すること。ここでいう容器・包装とは木竹酢液と一体で販売されるものをいう。
   なお、これらの製品を輸送のため梱包した場合に限り、梱包に表示することは差し支えない。
b) 容器を再使用する場合、例えばタンクで納入し、そのタンクを回収して再度使用する場合は、誤使用を防ぐため他の容器と区別して管理するか、使用の都度表示を抹消すること。
c) 認証番号の表示
   認証番号の表示は、認証マークに認証業者が押印する。表示例として、例えば、
   認証番号05001は2005年1番目に認証された番号となる。
4.4 使用量の把握
  認証業者は、認証マークを表示した場合は、その使用数及び販売量を記録しておくこと。

5. 宣伝・広告等における使用方法
 a) カタログ、パンフレットその他宣伝・広告等の媒体で認証マークを使用する場合は、必ず以下の説明を加えること。
「このマークは、木竹酢液認証協議会が「木酢液・竹酢液の規格」に基づいて認証したマークです。」
b) その他、認証及び本協議会について触れる場合は、本協議会に相談すること。
6. 他の活性成分を混合した製品における認証マークの使用
  他の活性成分(例えばトウガラシ、ニンニク等)を添加した木竹酢液又は蒸留木竹酢液は認証の範疇に入らない。但し、製品、カタログ等へ以下の説明文は付加できる。
「この製品は、木竹酢液認証協議会の「木酢液・竹酢液の規格」に適合し、認証された木竹酢液(認証番号00000)を原料として使用しています。」
7. 文書の見直し

 この文書は認証部会の検討を経た上で会長が定期的に見直しを行う。見直しの結果は、直ちに公表し施行する。
TOP  HOME