■品質監視実施規程 2006/11/29

1.適用の範囲
この文書は、認証マニュアル8項に基づき、品質監視の手順を定める。

2.用語の定義
この文書で用いる用語の定義は「認証マニュアル」による。

3.実施時期
認証業者が認証を受けた日又は前回の品質監視から1年後に実施する。

4.実施方法
本協議会が行う品質監視活動は、以下のとおりとする。ただし認証審査委員会が必要と認めたときは、これ以外の方法を採用してもよい。
4.1 申請方法
 認証業者は、品質監視の実施を本協議会へ申請する場合、「品質監視実施申請書」で行うものとする。
4.2 木竹酢液製品の検査
 本協議会は、認証業者から認証範囲に係る製品のサンプル(本協議会指定の500ml蓋付き透明容器入りで表示ラベルが貼ってあるもの)提供を受け、製品ラベルの表示内容が規格に適合しているか確認する。尚、検査のためのサンプルは、市場に流通しているものを購入してもよい。
4.3 品質管理状況の確認
 本協議会は、認証業者に最新の「点検シート」1枚及び「苦情処理記録」の写しの提出を要求し、点検シートの記載内容が規格に適合しているか確認する。
4.4 現地調査
本協議会は、提供された製品の検査及び品質管理状況を確認し、原則として現地調査を実施する。

5.評価
認証審査委員会は、4の活動によって得られた情報により、認証基準に基づく適合性評価を行う。評価の結果、不適合が認められた場合は、本協議会は当該認証業者に対し不適合事項の是正を要求し、その是正処置について報告を求める。

6.認証の一時停止又は取り消し
 a) 一時停止
 製品検査の結果、不適合が認められた場合は、本協議会は直ちに当該認証業者に対して認証マークの使用中止を命じる。不適合の原因が特定され、適切な是正処置が講じられるまでは使用を禁止する。
 b) 取り消し
 不適合が規格適合性に及ぼす影響の程度によっては、認証の取り消しを行う。また、認証業者が虚偽の報告をした場合、不適合の是正処置要求に応じない場合、再三同じ不適合を繰り返す場合なども取り消しを考慮する。

7.文書の見直し
 この文書は認証部会の検討を経た上で会長が定期的に見直しを行う。見直しの結果は、直ちに公表し施行する。

TOP  HOME